camping in Apo island vol.2 - 出産祝いはパスポート

camping in Apo island vol.2

DSC03105.jpg


朝6時。気がつくと美しい海面にはまぶしい太陽
Sunset moonrise Firefly, stars and sunrise…!
完璧なロケーションのアポ島堪能


DSC03111.jpg


朝、簡単にご飯をすませて
最初は凪と、次にアルマと島探索


DSC03091.jpg

DSC03143.jpg

凪と歩いていたら『NAGI~~~!』っと声がかかる。
どうも昨日サンクチュアリエリアに遊びに来ていた子供達。
いつもの『アイムナギ!』で自分で自己紹介をすませていたらしい。
すごいな凪、もうアポ島に友達居るのか。

DSC03151.jpg
※ペット?の豚さん


アルマはアルマで600mのトレッキングエリアに挑戦。

DSC03123.jpg

DSC03154.jpg

DSC03129.jpg


かなり急な石の階段を登ったものの、
途中で崩れてこれ以上は子連れで行くのは危険と踏んで引き返す
空が見えてたので後少しだったと思うんだけどなあ。

DSC03131.jpg



戻ると既にテント撤収が始まっていたのでみんなで昨日のシュノーケル&ダイビングエリアに移動

DSC03117.jpg


亀さんリベンジ!
昨日とはうってかわって潮が満ちていたので子連れでも楽にエントリー。
しかも満ちて来た潮で天然子供プールが出来ている。凪もアルマも地元の子供達と遊べて楽しそう

DSC03200.jpg


DSC03212.jpg



DSC03263.jpg




旦那と私は交代でカメハントへ
ポイントを聞いてリベンジよぉおお
ダイビング船が泊まっている辺りがエリアと勝手に断定して
3〜40mくらい沖へ出たところまで泳いで行く。


珊瑚の綺麗な場所を探して右往左往。
と、ふと目をやるとかかか、、、、カメさんDAHHHHHHHhhh!!!

imgres-1.jpeg
※アポ島参考写真wカメラ元 防水に成り下がった


でっかい!さすがウミガメ。軽く1メートル以上ある。
ゆっくり進むかめさん。サービス満点海面に顔を出したり、私の真下、手を伸ばせば触れる距離でゆっくり進む。

気がつくと流れも結構あるのでかなり沖まで来ている自分。
一緒に泳げたのは3分くらいだったかもしれないけれどとても長く感じる
目の前を泳ぐウミカメは水族館では見られない自然の姿。


DSC03272.jpg


私の話を聞いて旦那もリベンジ。
3〜40分くらいしてとことこ戻って来た手のサインはおっきな◎。

最後またもう一度だけ珊瑚に挨拶がしたくてもうひと泳ぎ。
どんどん潮が満ちて子供プールは大盛況。
こんなに楽しそうな顔久しぶりに見た
アルマも凪もとーっても楽しそう
カメをアルマに見せてやりたかったけどまあいいや。
カメはまた見られるけどこういう時間には変えられない。

DSC03261.jpg


DSC03258.jpg

DSC03252.jpg

DSC03257.jpg



昼12時、迎えの船に乗って帰路へ


DSC03291.jpg

DSC03298.jpg

DSC03273.jpg


DSC03299.jpg




相変わらずパンプボートでびしょぬれ
朝から3本のシュノーケルで体もヨレヨレだけど気分だけは妙にハイテンションなドゥマゲティから日帰りで行けるshort trip Apo island、キャンプ日記でした




DSC03289.jpg





マラタパイよりパンプボートにて
4人乗りは2000p(back& forth)
8人乗り 3000p
10人乗り3500p
定期便は午後3時、片道300p
entrance fee php100(子供無料)
フィリピン人は25p
ダイビングやシュノーケルをする人は他に料金がかかるらしい
水中眼鏡と浮き輪で水中散歩を楽しむ場合は無料。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。