【子連れでフィリピン】ベストシーズンがやってくる!フィリピンの雨季と乾季 - 出産祝いはパスポート

【子連れでフィリピン】ベストシーズンがやってくる!フィリピンの雨季と乾季

フィリピンの気候は高温多湿の熱帯性気候で一年を通じて大きな気候の変化はありません。
また年間平均気温は26.5℃となっています

【フィリピンの雨季と乾季】
フィリピンの季節は、地域により異なりますが大きく乾季と雨季に分かれます。3月〜5月までの乾季はフィリピンの夏休みにあたり最も暑い時期、フィリピンの新学期が始まる6月〜10月までが雨期、11月〜翌年2月までの乾期の3つの季節に分かれています。
ただしフィリピンにおける雨季は日本のように一日中雨が続くという感じではなくこのスコールが頻繁に発生するのに加え、かなり蒸し暑く感じると思います


【台風シーズン】
フィリピン近海は台風の発生源で、年間約20個の台風がフィリピンに襲来します。
雨季、特に9~10月に最も台風が多く発生しますのでこの時期の渡航に関しては注意が必要です
シグナルと呼ばれる(日本で言う警報)が発生されるとどんなに天気が良かろうと、一切の船の運行も禁止されてしまいますのでギリギリの日程で離島へ遊びに行くということは、それなりに覚悟が必要です
※ちなみに私達も以前マレーシアの離島で3日間も船が動かずあやうく帰国のフライトを逃してしまうところでした(もちろん予約していたホテルの料金はパア 泣)

rainy-season-NAT3.jpg
※雨季名物・下水から水の溢れ出したマニラ マニラは特にアスファルトで全て舗装してあるうえに下水管理がしっかりしていないので雨が降り続くとすぐこんなかんじになります(そしてみんな普通) 

【服装】
上記したように、年間を通してフィリピンの気温は温暖なので、基本的に半袖で問題ありませんがショッピングセンターや長距離バス、タクシー、レストランなどに関してはガンガンにエアコンが効き過ぎてめちゃくちゃ寒いことがあるので長袖の上着を一枚持っていくと便利です。
また雨期にフィリピンを訪れる予定の方は、突然のスコールに備えて折りたたみ傘やレインコートなどの雨具は準備しておくのがベター

【乾季にでかけるメリット・デメリット|日本の春休み期!】
雲一つない青空でthe!南国気分な最高な時期。ひとたびアクティビティに出かけたらどこで写真をとっても絵画のようにキマります。天気の心配なしにいつでも出かけられる安心感。
またフィリピンの夏休みに当たるため、子どもたちも毎日元気に外で遊んでいます。そのうえ宿オーナーは外国人なことも多いのですが、普段は海外で過ごしているハーフの子どもたち(ダンナさん外国人・奥さんピーナのカップルはとっても多い)が奥さんの帰省に合わせてフィリピンに帰ってきていることも多く宿にいても遊び相手がたくさんいるという子連れには嬉しいメリットも!

boracay12-2_2017020210395713d.jpg
※普通の写真なのに超きれいです

day10boracay-2_201702021039593c5.jpg
※帰省組・from スイッツランド

ただしこの時期めちゃくちゃ暑いのでお部屋をケチってファンルームにしてしまうとかなり厳しいのでエアコン付きのお部屋を選びましょう。洗濯物が乾かない心配は皆無なので結構荷物も少なめでいけますね!
7kgの手荷物組だけの私は1ヶ月滞在とはいえ3~4組+ルームウエアくらいしか持ってきません笑 とはいえ日本からの冬服やスニーカーがあるからこの時期は荷物重いんですが、レギンスやTシャツなどのレイヤードスタイルで乗り切ってます。 
またハイシーズン価格を設定していることも多くありますので宿の値段は2倍になってしまうこともあります。

OI000303.jpg
※ボラカイにいたときの宿は3割増しでありました

もちろんどうしても泊まりたいホテルが有るのであれば予約も早めがベターです


【雨季に出かけるメリット・デメリット|日本の夏休み・冬休み期】

フィリピンの夏が終わり、6月になると雨季の到来です。
フルーツも最盛期を迎え、ライチ、マンゴスチンなんかも日本ではなかなか手に入らない果物がかなり手軽に格安で食べることができますよ!(それでもマンゴスチン高いけど、、、日本よりはかなり安い)

img_2_20170202105032a87.jpg

ただしこの時期はやっぱり雨が降ったりすることも多いので、アイランドホッピングに行っている間にザバー!
ショッピングに行ってる間にザバー。っと雨に振られたりすることも多々あります。
ただし待ってれば止む(1週間に1回くらいは朝からずっと降ってる日もあります・地区により)ことがほとんどなので慌てずお茶でも飲んでから動きましょう


DSC07798_201702021056051f3.jpg
※これね。自分たちの頭上は晴天なのに一気にストームがやってくるの図

ただし、この時期はオフシーズンのため、どこに旅行に行っても安くすみます。
人気の宿も予約が比較的取りやすい。そのため3割安くなるのなら、いっそ3割旅行期間を伸ばしてゆっくりスケジュールをとってみてはいかがでしょうか笑
ちなみに昨年12月にマラパスクア島(セブの上)に行った時は10日間で2回の台風に見舞われましたが、ちゃんと晴れて毎日遊びにはいけました。お高いクーラー付きのお部屋にしたのだけれど、結局クーラーも殆ど使わず…ファンルームで良かったな〜なんて思ってしまいました※フィリピンは電気代が高いのでエアコンルームはファンルームの二倍!
洗濯物も乾きにくいので少し多めに持っていったほうがいいかな。私は大体1ヶ月滞在目安で4〜5組+ルームウエアくらい持ってくことが多いです。ただこの時期は日本も夏なので最小のスタイルで行ける(最初からビーサン出国)のも手荷物組にはありがたいです。

ただしスケジュールはこの時期やっぱり余裕を持って動くのがおすすめです

子連れフィリピン・雨季と乾季
いかがでしたでしょうか?ぜひご参考にしてみてくださいね!


【フィリピン親子留学・2017年度のPANATAG×SPEAサマーキャンプ ・募集開始】
day21dumaguete 2016-1
【夏休み親子留学・2016年度PANATAG×SPEAサマーキャンプ毎日日記・まとめ読みはこちら】



HP のコピー
ドゥマゲテ|セブ|クラーク|フィリピン親子留学專門エージェントPANATAGホームページ


PANATAG オンラインで”即”ご連絡panatag(パナタグ)Facebookページ
※ページにいいねをするとメッセンジャーで即時ご相談いただけます※

関連記事

コメント

非公開コメント