visaあれこれ in フィリピン - 出産祝いはパスポート

visaあれこれ in フィリピン

acr-i.jpeg

さてフィリピンに語学留学をしようと思ったものの束の間、他人の国に入り込んで勝手に暮らす事は出来ない。ということでレッツvisaの取得♪
フィリピンのビザは短い。 通常フィリピン滞在が21日以内ならビザは不要、しかし22日以降プラス38日間の延長…つまり59日間有効なツーリストビザが欲しければ別途手続きが必要。(3030php、6000円程度) その後最高2年まで延長出来るらしいがどっちにしろ毎月のようにビザ代がかかる。今回主人は最低でも3ヶ月は学校に通うため、家を探したりの時間を含めると最低でも4ヶ月分のビザは必要。またフィリピン国内で語学学校や幼稚園に通ったりするには、SSPという「特別勉強許可証」が必要らしい。観光を目的として入国した外国人がフィリピン国内で合法的に勉強する為に必要なビザの一種だそうでこちら6ヶ月有効で13000円程度。(手続き場所により金額が変動)さらにそれだけに留まらずフィリピンに60日以上滞在する者には外国人登録証別名ACR-I cardという身分証明書が必要らしく、こちらは基本イミグレで発給 1年有効で3000php(6000円程度) ちなみにこれは途中フィリピンから出国する際取り上げられてしまうので一時出国の際は手続き忘れずに、だそうだ。
これらが家族四人分かかってくるので簡単に考えても…visa代4ヶ月分約9200ペソ×4人分 /36800php(約73600円),ssp 旦那とアルマ分で13000yen×2 /26000円,外国人登録証4人分/12000php(約24000円)
たたた高っけぇーーーーーっ! なんなのフィリピン、外国人からお金撮り過ぎじゃない?安いチケット購入して一旦国外出た方がいいかも。それに普通外国人登録証とか普通は語学学校が代わりに手配してくれるんだけど 勝手に幼稚園入っちゃおうぜイエーイ、とか言ってる人はやっぱ自力で手続きしなきゃいけない。でもね外国人登録証の為にマニラウロウロするのとか嫌、子連れだし嫌じゃん。でちょっと大使館のHP(英語)に持ち物やら金額、更新出来る場所がのっているので確認してみたところ
SanFernando,LaUnion.
Aparri.
Cagayan.
Subic.
Batangas.
Legaspi.
Iloilo.
Cebu.
Tacloban.
Zamboanga.
Cagayan De Oro.
Surigao.
Davao
※申請はマニラ経由になのでマニラ申請以外は日数がかかる
ウゲー!ドゥマゲティ入ってない。この中で一番近いのはcebu、ブーセーねあのセブ島。飛行機で45分、ってあり得ん!で日本のフィリピン大使館(英語)で聞いたら観光局に聞けって言われて、電話したらフィリピンの在日本大使館で聞けいわれて、skype入金してセブにある日本大使館(英語)に聞いたら、セブのイミグレとマニラでしかやってない言われる訳よ(英語)イヤでもこの時点で大使館発表と言ってる事違うじゃん!なんて反論出来る英語力も無い。もういいもん。
で思い立ってdumagueteのイミグレオフィス一日電話したんだけどこれが全然出やがらない。…ああもう分かってるよ。直接来いって事だな。奥歯ガタガタいわしたるよ。覚えとけ!
で結局どうなったかというと『日本の大手留学エージェント』で確認しました。 無事ドゥマゲティのイミグレオフィスで手続き出来ます。以上!だけどdumagueteの町で手続きすると何故か手数料として1000ペソ上がるそうです。なにそれ?でも町中で手続き出来るならもうそれだけでいい。
…やっぱり書類関係めんどくさい(泣)でも任せちゃうと手順覚えないしいずれあっちで困るだけ、でも…ハァ。※長期に限った場合の話で短期の幼稚園入園に関してはレギュラーではなくイレギュラーとしてsspはいらない
〜2013.09更新〜 2013.08よりフィリピンビザに変更がありました。ビザ不要の期間が21日から30日に変更され、それに伴い延長ビザの値上がりがあった模様。詳しい事はphilippines Bureau of immigrationを参照ください(※英語)
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。