【必見節約術】格安フィリピン親子留学を実現するために必要な裏技 その1 - 出産祝いはパスポート

【必見節約術】格安フィリピン親子留学を実現するために必要な裏技 その1

こんにちは、今回は結果的に絶対一番おトクになるフィリピン親子留学エージェントPANATAGのアダチヨシエが送る【必見、フィリピン親子留学の節約術】をお教えします。
トータル金額から10万円…?余裕で安くなりまっせ〜〜!
でも安くする場所を間違えると、一見無駄に見える出費が実はとんでもなくもったいないことになったり、最悪タイホ!てなことになっちゃいますから合法的にその留学をもっと快適に、もっと効率よく節約しちゃいましょう!
ただしこの方法にはちょっとしたコツがいくつか含まれますので何回かに分けてお話しできたらと思います

【フィリピン留学の基本】
その前におさらいでフィリピン留学の基本から
まずフィリピン留学というのは1カ月大体1名様当たり15~20万円×人数というのが相場で
この中にレッスン費用、滞在費、食費、掃除、洗濯の費用というのが含まれます
金額に幅があるのは1日のレッスン数、コース(グループ、マンツーマン、現地校通学、TOEIC、IELTSなどの特殊コース)、お部屋や学校の設備などにより金額は変わってきます

これに含まれないものとして別途必要になってくるのが入学金、SSP、空港ピックアップ費用、テキスト代、光熱費、学校によっては送金手数料。そして航空券、海外保険などの料金です
今回格安親子留学を実現させるために必要な経費についてお話しします

images_201601081444066f3.jpg

【第1回目:SSP(就学許可証)と入学金について】

SSPというのはフィリピンで1時間でも勉強する人は全員必要になってくる許可証のことで
またこちらはロードサービスのJAFみたいに個人につくもの、ではなく学校ごとに1人1通ずつ必要になってきます。(半年間有効)
そのため2週間ずつ違う学校に通いたい!とかフィリピンの現地学校に通学と語学学校でマンツーマンをうけたい!
という場合はその都度申請が必要になってきます
こちらは申請するのに一回当たり6000~6500p(日本円で約14,500~16000円)かかります
ちなみにこちらが発行されるまでに通常2カ月ほどかかるため留学中に届かないことはよくあります。(むしろ普通)

url_2016052711393642d.jpg

そしてそれを逆手にとって学校によっては料金だけとって申請してない、
なんていうブラックな学校があることも無きにしも非ず
残念なことにこちらはたびたび問題になっており、もしこれを申請しないまま勉強を続けると何が起こるかといいますと…
こちら立派な犯罪になりますので強制退去+罰金+今後フィリピンへの入国を制限されることとなります
昨年も一気に数百名が検挙されておりましたが、悲しいことに半数以上の方はSSPの金額を学校側に払っていたそうです…ひ~恐ろしい。
このへんはやっぱりエージェントじゃないとわからない部分が多いので聞いていただいたほうが無難です。
こういうのはほとんど事前に耳に入ってます。


【自分で家庭教師や現地校に申し込めば格安実現!? いえいえ最悪タイホだってありえます】

次にこのSSPですがこちらは家庭教師や現地校通学を自分で手配しよう!といった方にも適用されます
そこで最近問題になっているのは内部告発。実は最近セブを中心にこの手の詐欺(?騙す方も騙される方もだけど)が横行しているようでSSPもったいないから節約しよう!とこっそりご自身の手で勉強しようと家庭教師を探します→やってあげるよと近づき→告発されてしまうのです。なんでかって?それは報奨金が出るんです。
彼らのお給料というのは一時間働いたところで日本円にしてワンコイン程度。でも告発することで彼らは1か月分のお給料に匹敵する程度の報奨金を手に入れることができてしまうのです。

実際この手続きというのは個人で手配する場合実際フィリピンに2カ月以上滞在していなければならないこと、フィリピンに住所がない限り取得することはできないため、個人レベルの留学のツアーを行っているところというのは現実的に申請は不可能なためブラックなツアーがほとんどです。
生徒さん側としては結構な金額が違ってくるため安いほうを選びたくなるかもしれないですが(親子留学なんかはとくに×人数分なので死活問題)やってることは完全に違法、入国管理法違反という立派な犯罪になります。
それに1ヶ月以内の場合テキスト代とか制服とかで3万円くらい飛んでってしまうのでもったいないんですよね 笑

また自分の学校がちゃんとした学校なのか、そうでないかの判断基準の一つとしてTESDAーTechnical Education and Skills Development authorityー というものがあります(フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁 の略称で、認定を受けるには、カリキュラム、講師の指導技術、税金等の法的遵守、設備、経営、財政、安全面などで水準を満たしている必要がある)
こちら現在このTESDAを持っていない学校はSSPを発行できない仕組みになっています※ただし2009年から必要になってきた認定証なのでそれ以前からやっている学校は持ってないこともあり
そのため持っていないからダメ!とか持ってるから安心。といったものではないですがアレ?と思ったらこういうところをチェックして見るものいいかもしれませんね。あくまで一判断材料として。のTESDAです
余談ですが韓国系はその8割がTESDAの基準に満たないため取得できないんだとか

imgres_20160527113759ad0.jpg

なので格安を実現させるためにSSPが必要ない!というのは正直うたい文句どころか立派な違法行為ですのでここは節約のしどころとしては間違いになりますので必要経費としてあきらめましょう。

【入学金だってこんなにチガウ!節約ポイント その2】
こちらは基本的に大体どこも1人あたり100ドル程度かかります
が、実は学校によっては入学金は家族で申し込んだ場合1人分だけ。なんていう学校もあったり、2回目からは免除っていう学校もありますので留学期間が短かったり、また来たい!と思うような場合はそういったところを判断材料にしてもいいかもしれません

この二つで一人当たり2~3万円程度違いが出たりもするので特に期間が短い場合や人数が多い場合などは検討の余地ありかなとは思います。PANATAGではこの辺も含めて全部カウンセリングでお話させていただいてます。
うわ入学金についての説明短いっ 笑

次回は節約の本丸、いよいよ10万〜20万という具体的数字を節約してみたいなと思います


フィリピン セブ ドゥマゲテ親子留学専門エージェントの panatagホームページ
http://www.pana-tag.com/
オンラインで”即”ご連絡panatag(パナタグ)Facebookページ※ページにいいねをするとすぐにご利用いただけます
https://www.facebook.com/syussaniwaipassport
旅と家族と日々のことについて書いてますブログ『出産祝いはパスポート』
http://yoqqyn.blog.fc2.com/

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。