【DAY3】マニラから一番近いリゾート プエルトガレラへ - 出産祝いはパスポート

【DAY3】マニラから一番近いリゾート プエルトガレラへ

【Day3】2016.03.12
移動day。マニラからバス2時間でバタンガス、バンカボートで1時間。
揺られて来たのは世界で一番美しい湾と呼ばれるダイブリゾートミンドロ島、プエルトガレラに到着です☆
day3プエルトガレラ-5
※ミンドロ島玄関口 バタンガス港
 
day3プエルトガレラ-7
※マニラの宿からタクシーでJACライナーバスターミナルへ。

day3プエルトガレラ-4
※寝てたら一瞬 マニラからバタンガスまでは2時間!

day3プエルトガレラ-10
※バタンガスからさらに船で1時間

携帯トラブルによりネットも使えず一切前情報無し、着いたはいいけどどこ行くの状態です。
客引きのお兄ちゃんたちに聞いたところ大きく分けてホワイトサンドのホワイトビーチ、シュノーケルやダイビングの拠点、ナイトライフの充実したサバンビーチに別れるぽい。

ホワイトビーチまではジプニーないのかな?移動費も高かったし宿も高そうだったので客引きを振り切り船着場からダウンタウンまで歩いてジプニーに乗ってサバンビーチまで15分ほど、20p(50円ほど)で到着。
普通に船着場から乗ると平気で200pとか言ってます

day3プエルトガレラ-1
※プエルトガレラダウンタウン 普通の小さい町


‥世界の美湾は一体どこ?、そうですサバンビーチはただの船着場、表の顔はダイビングの聖地、裏の顔はピーナさんと白人の爺様たちが出会いを求める場所のようです。細々した道にギッチリレストランやバーが並んでる感じ。
そして宿は素朴なファンルームで1500p〜(4500円位。安宿はあるけどホントにキビシイ感じのクソ宿なのでムリ)、ご飯も一食3〜500p(1000円すぐ)と高級です。高い〜!!
なんだよ夜が栄えているっていうより白人系じいさまたちが栄えてるって言っておくれよ。

ということで今回も私達荷物番、旦那さんはローリング作戦開始。片っ端からホテル探し。
結局この日はオージーオーナーの豪邸2階部分を3日分借りてきました。お部屋2部屋、家具付、エアコン、キッチンとバルコニー付きを1部屋2,000pのとこオーナー不在でいとこ管理中のため3日でフロア全体貸しきって3,900p!旦那さんグッジョブ。値段なんかあってないようなもの。
にしてもairbnbも真っ青、これがほんとの民泊です。食事も節約のため早速自炊開始。
ということで明日からシュノーケルを楽しみたいと思います!

day3プエルトガレラ-9
※グロリアというおばさんが宿紹介してくれました。こういう人たちは紹介してオーナーから紹介料をもらう。看板もないしこんなとこ絶対自分じゃみつけられないので良い客引きは客引きでいるんだよ〜。てかそのあとアイランドホッピングでおもいっきりぼろうとしてきたけど 笑

day3プエルトガレラ-2
※こういうお部屋二部屋と

day3プエルトガレラ-6
※キッチン付 いいでしょ?

day3プエルトガレラ-8
※サバンはご飯高いから自炊〜

day3プエルトガレラ-3
※ベランダ、景色キレイだけどそのお写真は後日



フィリピン セブ ドゥマゲテ クラーク親子留学専門エージェントの panatagホームページ
http://www.pana-tag.com/
オンラインで”即”ご連絡panatag(パナタグ)Facebookページ※ページにいいねをするとすぐにご利用いただけます
https://www.facebook.com/syussaniwaipassport
旅と家族と日々のことについて書いてますブログ『出産祝いはパスポート』
http://yoqqyn.blog.fc2.com/


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。