【2016保存版】留学費用を安くする!セブパシプロモだけじゃないLCC攻略 - 出産祝いはパスポート

【2016保存版】留学費用を安くする!セブパシプロモだけじゃないLCC攻略

ーLCCとは、英語の「Low Cost Carrier」、その頭文字から「LCC」(エル・シー・シー)と呼ばれる、従来の航空会社で行われていたサービスを簡素化、運行の効率化、運行費用の徹底した削減などを行い、低価格の運賃を実現している、「格安航空会社」のことー


url-1.jpg
  

【セブパシフィックプロモとその傾向】
2015年、1年間ほぼ毎日フィリピンのLCCサイトセブパシフィックを見ていて気がついたことがあります
3月以降セブ⇔成田、中部、福岡便が立て続けに就航したこともあり、2014年からセブパシは日本に対して相当なプロモーションを展開していたと思います。100円や、1000円チケットが出たのはこの頃。TV CMをしていたなんて話も聞きました。(燃油サーチャージがかかるので実質5000円くらい)
んが!!3月以降のサーチャージが廃止になってからは本当に安かった。GW真っ最中ですら往復6000円(税、燃油込)!!おそらく本当の意味での最安値はここだったと思います
しかし一転、2015年の後半から以前のような目を見張るプロモチケットが見当たらなくなります。
そうです。ちょうど1年でおそらく日本へのPRの時期は終わったんでしょう。片道7000円程度が今の所最安値で、出てくる枚数もずいぶん少なくなったなという印象。むしろ片道1.5万円以内であればもう十分安いと考えていいと思います

【セブパシプロモを確実に手に入れる方法】
格安チケットの攻略法ですが簡単に言えば予定を『チケットに合わせること』です
プロモが見つからない!というのはその典型で自分の『予定に合わせよう』とするから見つからないのであって
プロモに予定を合わせさえすればチケットは比較的きちんと取れているように思います。夏休み、GW, 年末年始ももちろんプロモ価格というのは存在しますが、実際1年から半年前には売れてしまっています。
なぜプロモをするかというのは個人的な予想ですが『広告として』と『(燃油がかかっていた時期は)最低限飛べる人数を確保するため』だと思っています。そのため1年前の売り出しはじめと、ギリッギリでも数が余っているならその時期はプロモが出るのかなと。逆に余っていない時は値段が上がる傾向‥、そういう印象があります(昨年お盆2週間前のセブ⇔成田は片道5万!)

ー公式セブパシよりもフォロワーが多く、フィリピン関係者もチェックしている人も多いサイトセブパシフィック航空完全ガイドtwitterでつぶやきをプッシュ送信しておけばプロモも見逃しません

【減っていくセブパシプロモ】
実は昨年6月に買っておいた、2016年3月の成田→マニラ行きのチケット(7500円)
当時セブパシプロモの期間が3月末までで、春休み目一杯楽しみたい私は出国便だけ予約して、帰国便は運に任せることに。ところがそれから半年、ほぼ毎日チケットを確認していたのですが春休みが終了する4月上旬の値段は一回たりとも下がりませんでした。それどころかプロモであっても片道2.5万円しておりもうこれはプロモですらない。(家族4人分だとキツイ)
けれど子供が小学校に入ったことで繁忙期にチケットを買う必要が出てきて安い時期だけ購入するわけにはいかなくなってきました。早ければ1年前や半年前からチケット確保に奮闘するのは余裕を持って次のプロモを待つためですが、ピークシーズンに至ってはもう待っているだけでは手に入らないことを悟りました。

url_20160108144150be1.jpg 


【守りから攻めのセブパシプロモ攻略へ】
ところが仕事上毎日のようにセブパシのチェックしていると、あることに気がつきましたマニラ/セブ⇔台湾便の就航です。いつでもtopに来るのは台湾便、ということは台北であれば格安でチケットを取ることができるということ。そしてFBを見ていた時に気がついたのですが、LCCバニラエアは台湾⇔成田を結んでいるのです!!
確認したところ特別なプロモでなくても7000円から、希望の4月上旬であってもコミコミ1万円です。ということでフィリピン→日本直行便は早々に諦め台湾便のプロモに焦点を合わせることにしました。すると、早速セブパシ、セブ/マニラ⇔台北、高雄便のプロモをやってくれました。コミコミで片道5000円!希望の日程でマニラ/セブ→台湾→成田ルートを合計1.5万で購入することに成功しました!

そしてこの方法というのはいくら格安チケットサーチをしても出てこないことが多いルートです。というのも冒頭に言った『日程』に合わせるとどうしてもドンピシャのルートしか出ないため台北で2~3日くらいだったら遊んでもいい。というような最安値では探せなくなるのです。

ーセブパシは日本語と英語サイトでプロモが違うのでフィリピン英語サイトを覗くのが好ましい。get go memberになっておくと自動的にメールが届きます

【早めに用意するだけで10万円以上フィリピン留学だって安くなる!】
もうここポイントですが、特にフィリピン留学をされる方は長期で行かれることが多く、時間的余裕がある人が多いんですね。なのであえてわざわざドンピシャ日程にしなくてもむしろ時間があるならチケットに合わせてその国を楽しんでくればいい!という考え方です。ちなみに私台北2回目ですがご飯も美味しくて近いので楽しみです。フィリピンだってそう、自然いっぱいのフィリピンを見ずして何がフィリピン留学か!!東南アジア!白い砂浜、青い空と海!
取り乱しましたが‥そうです。語学学校の価格はプロモーションがない限り変わりません。が、チケットの価格は数十万単位で変わってくるのです。(ちなみに昨年度は往復6千円〜往復10万円まで開きがありました。家族留学に至っては×人数分なので死活問題※panatagで申し込んでくれる人にはもちろん無料でチケットの相談とプロモお知らせも出来る限りしています!(夏休み直前はご容赦ください)
いやー今回は旅人の私が本気で編み出したLCC攻略術の一つですが、おそらく2016年度は台湾便のプロモが続くと思うので直行便がどうしても手に入らないときは使えると思います。ということで今年もお金は使わず頭を使って家族で旅を楽しみたいと思います。

images_201601081444066f3.jpg 



フィリピン ドゥマゲテ親子留学専門エージェントの panatagホームページ
http://www.pana-tag.com/
オンラインで”即”ご連絡panatag(パナタグ)Facebookページ※ページにいいねをするとすぐにご利用いただけます
https://www.facebook.com/syussaniwaipassport
旅と家族と日々のことについて書いてますブログ『出産祝いはパスポート』
http://yoqqyn.blog.fc2.com/

関連記事

コメント

非公開コメント