旅は人を幸せにするのか?Happy Money-The Science of Happier Spending - 出産祝いはパスポート

旅は人を幸せにするのか?Happy Money-The Science of Happier Spending

OHT86_bokusourolltoaozora-thumb-815xauto-15942.jpg





荷造り大体出来た♪一ヶ月分の荷物、3人分でジャスト7キロ! +チビ達には1キロと2キロずつの計10キロ。大事なものは健康と安全だけ。あとはなんとでもなるよね(←事前準備は重要)最近旅は長ければ長いほど荷物減る、って気がついた。旅がゆっくりであるほど現地調達も増えるし、相場もわかるからお金も使わない。旅が駆け足であるほど、時間を買うためにお金を払う。

じゃあさ今あるもので満足しててもいいよね?家族と一緒に過ごせる時間に適うものなんか、今の私にはないんだ。アホニートの戯れ言だって言ってもいいよ。どうせ後10年もしたら一緒に旅について来てくれなくなっちゃうし、一緒に買い物だって、ご飯だって嫌がるかもしれないし。思う存分かわいい笑顔を見ていたいし、ダンナさんともまだまだ一緒にいっぱい遊びたい、しゃべりたい。もっとお金があったらいいなあと思うけど、持って歩けないものなんてほんとはあんまり必要ないものなのかもね。

高城剛さんの"旅は人を幸せにするのか?"トークライブ(書き起こし)面白かったのでご紹介します
ー以下ウェブサイトから抜粋

ハッピーマネーという本があります。
幸福を研究する第一人者です。
彼女は明快にあらゆるデータを使って、お金で幸せを買えるか?を調べています。
例えば、年収250万の人がいたとする。
そこから500万になったからといって幸せは倍にならない。
幸せはなんと9%しか上がらないそうです。
あらゆる調査方法を使って、彼女はこの本で説いています。
年収750万を超えると、ほぼ幸せはそれ以上上がらないということです。
ということは、そんなにお金を稼いでもしょうがないということです。
じゃあ幸せってどうやってもたらされるか?というと、彼女はですね、なによりも「経験」だと。
旅行に代表されるような「経験」こそが人々を幸せにすると彼女はあらゆる側面から説いています。

ー抜粋終わり think future 旅は人を幸せにするのかより
関連記事

コメント

非公開コメント