【出発準備編】フィリピン行ったら、人生変わった - 出産祝いはパスポート

【出発準備編】フィリピン行ったら、人生変わった

imgres_2015072300541210d.jpg


2年前、何も分からない状態でフィリピンドゥマゲテと言う町で5ヶ月暮らし、その後国内を3ヶ月旅した
渡航した当時は語学学校も韓国系が1校だけだったのにこの2年で日本人系語学学校が一気に増え合計6校になったそうだ。ドゥマゲテについてのブログも今では随分増えたし、実際に私の所に相談に来る人の数も格段に増えて多い日は1日に4〜5件問い合わせがくる。あんなマニアックな町のことを知る為に日本から5家族も問い合わせがくる事自体驚きだ


最初はこのブログからはじまって、本を出して、手探り状態で移住のオンラインサポートなんかもはじめてみた
実際にもう何人カウンセリングしたか覚えてないけど、1年半で確実に80人以上と話した.このあたりでもう家族からクレームもくるようになったので、いっそ仕事にしてみようと今年の3月3日に親子留学専門サポート事業panatagとして活動をしはじめることにした。そりゃあ大変だった。自分で仕事なんかした事無いし、そもそもこんな職業自体あるのかどうかわからないから全部手探り。
迷惑かけた人もたくさんいる。でも一番はやっぱ家族だな、旦那さんにも子供にもイライラしてあたっちゃったりしたけど、いつも応援してくれてたよね(※ダンナさんは女だったとしても絶対親友になりたいし、こういう人でありたいなあって思える人)まあ違う人間だから全然理解出来ない部分もあるけど毎日結婚して良かったなあとつくづくおもっております。

そんな旦那さんにしか話してこなかったことがあって
実は私2年前、ドゥマゲテを発つ時に『次にくるときは仕事でくる』そうやって言ったのね
その時はただブログを書き始めたばかりで、どうやってとか全然考えてもいなかったんだけど
今回。沢山の人に助けてもらって親子留学の引率兼移住サポートとしてはじめて仕事で行ける事になりました。
(これは家族はもちろんだけど、語学学校starting point english adademy の校長まっちゃんと、しのぶさん。引き合わせてくれたフィリピン留学情報局manatabiのpopさんの力が大きい)

ハッキリ言って結構ビビってます。なんだかんだ言っても私一人で子供連れて海外ははじめて。
でもね行くって決めてからものすごくたくさんの人からメッセージや待ってるねっていってくれる人がたくさんいてすごく支えになってます。やっぱり一番嬉しいのはお客さまの存在。オンラインと言う特性上顔は知っているんだけどみなさん会った事無い人が殆ど。でも信頼して下さって、私に時間とお金を割いて下さって、移住したり、留学したりそのあとも気にかけて下さって応援してくれる。こんな嬉しい事無いです。その為にも精一杯やるしかないよね。

さあ、まだまだ全然やる事がいっぱいで日曜日に丁寧に台風も来ているみたいだけど運がいいから大丈夫だと思う。(私を知ってる人ならみんな認める超強運)
それでは、現地で会える人は現地で会いましょう。そしてこれからお会い出来る人も、宜しくお願いします
panatagはサマーキャンプのため夏休みに入りますが、現地にいらっしゃる方はfacebookからぜひご連絡下さい.
皆様にお会い出来る事を楽しみにしています



関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。