【人気沈没地まとめ】そうだ、マレーシアに行こう - 出産祝いはパスポート

【人気沈没地まとめ】そうだ、マレーシアに行こう

タイトル通り、マレーシアに行く事が決定しました
ただし今回は長男アルマの小学校も始まってしまうので1ヶ月の弾丸TRIPです
そのうえ今回、半年前に宣言した通りわたしが家族四人分の航空券を持ちました!
記事:バリかプーケットに行きたいから30万稼ごうと思う
実際足りなくて貯金崩したけどwもう家族で行くって決めたからあとでなんとかします。
そのうえ最初の一週間は旦那の両親(初海外!)も一緒にいくことになりますます楽しみ。





今回の舞台はマレーシア、ボルネオ島にあるコタキナバル
基本旅の行き先を決めるときは写真で決めてしまうのだけど
今回はちょっとやってしまった感があります
というのも絶対行きたいと思っていた場所がことごとく公共交通機関がなくてやたら高い。
綺麗な海の為に半日ひとり1万円払うくらいならフィリピンに飛んで、アイランドホッピング(ギア、ミール付)した方が安い。
ダイビングも他のアジア諸国が1本2000円とかであるのにくらべ高くて有名みたい。
フォーーーーー !なんなのボルネオ!
しかし神様。私はKudatと言う穴場を見つけました
コタキナバルからバスで4h。綺麗で静かでサーフィンも出来るそうです

BKOBo6wCIAEm1w9.jpg
※kudat トリック写真

しかし1ヶ月もあるのでボルネオ島廻ろうと思っていたサバ州東側が『イスラム過激派の本拠地』近郊で
マブール、ラハダトゥ、セントポルナあたりは『渡航の是非を検討して下さい』と書いてあります(泣)
旦那に聞いたら『フィリピンにいた時いったじゃん、スールー海海賊出るよって』
ってのたまいました
スールー海とかマレーシアとかそのとき全然興味なくて全然聞いた覚えないわぁ
コタキナバル周辺は問題ないんですが
ボルネオ島北東部の町は2000年ごろからテロや観光客の誘拐があり
陸路で旅をするのにあまり向いているとは言えなさそうです
ボルネオ攻略難しいなあ!

imgres-1.jpg
※マブール島

imgres_2014122804583378d.jpg


で、こうなったら意地でも開拓してやるとちょっと意気込んでいたので少し調べてみました

そもそもマレーシアの人気スポットと言えば
コタキナバル:Jungle and Mt kinabalu
url.jpg

borne-extra_2335693b.jpg


ペナン:Food and heritage

102.jpg


ランカウイ:Best for luxury

langkawi_inline.jpg

シパダン: For hard-core divers

sipadan_inline.jpg


しかし長期滞在がお好みのバックパッカーが好きなlaid backとかhideawayっていう言葉からは
上記の観光地はちょっとほど遠い
そこでオススメと思われる島はマレー半島の東側の島々だそうです
マレーシアは大きく二つに分かれてて
大陸続きのマレー半島、それからボルネオ島に別れてるんですが
マレー半島の東海岸が未だ手つかずののんびりした雰囲気が残っているそうです

中でもpartyやsurfing,秘境と言う名前にぴったりな
ペルヘンティアン島:Hippie hideaway
ap5_6575.jpg

美しい穴場
レダン島: For a "Summer Holiday"
redang_inline.jpg

長期滞在やのんびりとした雰囲気が魅力の
ティオマン島:An island for flashpackers
ap5_2865.jpg

あたりが香ばしいニオイがしているようです


ただしマレー半島の東側は10月から2月のモンスーン時期には殆どの宿やレストランがしまってしまい
船も定期船が無くなるとの事でした。
メインビーチの95%の施設がしまっていて、ビーチに人影もなんもない。ありえねーほどの暗闇なんだよ
と恐ろしい記述もありました
行く人もいないから情報も全然ないしそもそも船も出るかどうか分かんないんだけど。


がとある情報によると
このモンスーンの時期のみシンガポールやインドネシアからサーファーが訪れていると言う情報をキャッチ
ということはモンスーンの時期にしか波立たないのでサーファー用の宿はやってるって事だよね
14個の宿のうち95%がしまってしまうというけれど残り5%にかけてみたいなーとほんのり思っております
行くかどうか分かんないけど。


さて、持ってくかどうかは別として今回も地球の歩き方とロンプラ両方買いました
歩き方は写真がいっぱい載っててイメージがしやすくて見てて楽しいし
ロンプラはやっぱり小さなとこまで地図を網羅してるので便利。…歩き方地図しょぼい
自分たちが行くようなとこはATMはおろか毎度ネット環境も微妙なのでやっぱり本が安心です
州都でもポケットwifiがはいらなくてなにそれおいしいの?状態だったりするんで。
そもそも検索してる時間が勿体ない。
ホテルも参考にはするけどあんまり載ってる宿は使った事無いです。それは足で探したほうがいい。

それでは安達家ご一行様、今回は短い滞在をフルに使ってマレーシアを探検したいと思います







フィリピン ドゥマゲテ 親子留学/ロングステイサポートHPをプレオープンしました!
正式リリースは2月以降ですが頑張ってHP作ったので見てやって下さいね
親子留学/ロングステイサポートのpanatag
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。