【タダでも出来る!?】旅行を延長して簡単に海外移住をするという方法 - 出産祝いはパスポート

【タダでも出来る!?】旅行を延長して簡単に海外移住をするという方法

海外移住って難しいと思っていませんか?
実は簡単に移住が出来てしまう方法があるんです。

私は20カ国以上旅してきましたがその旅のスタイルと言うのは、
気に入った場所を見つける度に住み着いてしまうと言うものでした。
n2o_1211_709126_1.jpg

◯観光ビザを延長して住みつく
海外に入国する際に入国審査で『旅行ですか?ビジネスですか?』と目的を聞かれますよね?
通常の旅行であれば『sightseeing(観光)』と答えることが多いと思いますが
この観光ビザを延長し続けることで簡単に移住してしまおうということなのです。
これは自分の持つ国籍と、相手の国によって延長できる期間の違いはあるのですが
大抵ノービザ(ビザ不要)で1〜3か月、延長し続けることで最大2年も暮らせてしまう国もあります
プチ移住のメリットというのは限りなくありますが、
一番は生活拠点は日本のままという保険をかけた状態で移住出来ることではないでしょうか
いざ移住をしようと思っても、大抵の方は1〜2週間で移住を決めてしまう方も多い
だけど実際に住んでみて、気付くことというのもかならずあるはず
でもこの方法なら実際に住んでみて違ったと思えば、また別の場所に行ってもヨシ、帰ってもヨシ。
もちろん気に入ったら完全移住もOK
日本のおうちが空いてる間はairbnbで貸してしまえば収入源にもなるし、
家も傷まないですむのでさらに一石二鳥


また観光ビザというのは延長にも期間が決められていることが多いのですが
ビザが切れてしまう前に一旦他の国に出て、さらに数ヶ月から数年引き延ばすことが出来る国もあります。
方法は飛行機で、バスで、時には歩いて国境を越えたりします。
日本は島国なので基本国間は飛行機移動ですが、陸続きだとフェンス一枚で食事も
同じ言語でも方言が変わったりするのでなかなか楽しい経験です。

ただし延々と観光ビザを延長しても(※これをビザランといいます。禁止されている国もあるので注意)
基本働くことは出来ませんし、学校に入ることも出来ないというデメリットも存在します。
しかし例外として大丈夫な国というのも確かに存在します。
例えばフィリピンでは観光ビザで学校にも通えるし今の所ビザランも特に禁止してません
このあたりは毎年のように情報が変わるので、ぜひ行ってみたい国があればその国の外務省情報をチェックしてみてください

31bd3b7c7eb31646fb412e3454ddf619.jpg


◯海外にタダで住む方法
旅の中で、お金を使わずに滞在する方法と言うのはいくつかあって
よくあるのは『日本人宿の管理人』なるものがあります
世界中至る所に日本人が経営するゲストハウスが点在しているのですが
実際働いているのはオーナー自身ではなく自分と同じような旅人であることも多くあり
こちらは賃金は発生せず、宿にタダで滞在&食事をまかなってもらえる代わりに宿の管理人として働くというものです。
フィリピン留学では語学学校の『現地日本人スタッフ在中』
なんていうのも実はタダで授業を受けている生徒さんだったなんてことも多くあります※全部じゃない
ダイビングショップでスタッフとしてタダで働かせてもらう代わりに知識とノウハウを得るといったインターン形式で海外に滞在したという方もいらっしゃいます

海外でお金を稼ぐことはなかなか難しいことも多いんですが
そこもワーキングホリデーや、学生ビザの種類によってはアルバイトが可能になったりもします。
今となってはですが、その昔観光ビザを延長しながら宿を丸ごと借りて日本人宿を経営しちゃおうかなあ…なんてこと考えたこともあります。(ホントはダメですが、結構簡単に出来てしまったりするお国柄もたくさんあるということです 汗)

別に海外でなんて暮らしたくないよ…。と思う方には本当にどうでもいい情報かもしれませんが
私はこのいざとなったら日本脱出しちゃえばいい。
という考え方が今の自分のタフさの根源になってるのかもしれません。
旅に出たことによって、本当の自分が見つかるかはわかりませんが
少なくともその旅が過酷であればある程、どこでもやっていけるタフさは身に付きます

個人的に現代版自由に生きる為の3種の神器は、英語、技術、タフネスさだと感じていて
この3つが揃えばどこに行っても大体やっていけるのではないかなあと思っています。
選択肢を増やすことで、心にゆとりも持つことが出来る
観光ビザを延長してプチ移住する、でした。

seven-resorts1.jpg









関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。