バックパッカーお母さんが話すフィリピン留学in TOKYO - 出産祝いはパスポート

バックパッカーお母さんが話すフィリピン留学in TOKYO

1週間かけ千葉〜福井〜愛知〜静岡〜千葉と 帰省を兼ねた1600km
日本縦断の旅から帰って来たばっかりなので家族全員真っ黒。
どこから夜でどこから朝なのか分からない程詰まった毎日すぎてまとめきれないのでレポートまた次回…♪

10599447_822153404474978_3846706718713256396_n.jpg
※そしてどこが表でどこが裏か分からない程焼けている


今日は週末行われるマナタビトークショーのお知らせです。
ほんとにこんなことして一人でも来てくれる人がいるのか正直不安でドキドキしてます…
フィリピン親子留学って、親子で旅するってこんなものなんだと知ってもらえたらという気持ちでゆるくやりたいなと思っています。
以下マナタビさんから引用です

2014年 8月24日(日)13:30~15:00 参加費無料
場所 水天宮前駅展示ギャラリースペース ソーシャルビジネスラボ
東京都中央区日本橋蛎殻町 ソーシャルビジネスラボ1 F



『親子留学しゃべくりトーク開催』
8/24 マナタビしゃべくりトークはスペシャルゲストに
【出産祝いはパスポート】の筆者 安達由恵さんをお招きしてのトークライブ!
2013年に2歳、4歳児の子供を連れて家族4人で家族留学という形をとりながらフィリピン240日間を旅をしたという彼女。
安達ファミリーのプロフィールはこちら 
子育てと並行してフィリピン移住×家族留学相談などをボランティアで行い、9組の家族が今もフィリピンに移住している。
そして彼女は今年4月から子供が保育園に入り実に5年間の自主保育期間を終え、自分の時間を創り今まさに活動を再開しようとしている。
第一に家族の幸せ。2児の母である彼女の提案する体験型の留学はまさにマナタビ編集部が求める留学のありかたを実践してました!
今までに無い親子留学!まさに理想の親子留学を新提案致します!
2児の母だからこそ感じる留学のありかた、子育ての悩み、家族の幸せ、
そして、未来の子供たちを思う気持ち。
親子留学の新提案!
体験型親子留学!『母子留学』とは?
全ての子供を持つお母さん、お父さんへ!
・子供に英語を習わしたいけど日本のインターナショナルスクールは高い!
・留学はもっとお金も時間もかかるんじゃない?
・留学したいけど、子育てで忙しくてそんな時間もない。
・そもそも赤ちゃんがいても留学ってできるの?
・フィリピンって治安悪くて、子育てには危険じゃない?
・子育てで時間がないけど英語を学びたい
子供たちの未来を考える全ての親御さんに伝えたい!
心よりご参加お待ちしております。

お申込みはこちらから


【スピーカー】
マナタビ編集部 編集長
KANEKO POP MOTOHIDE
【スペシャルゲスト】
安達ファミリー
子供連れの参加OKです。

安達由恵ブログ 
http://yoqqyn.blog.fc2.com/
世界新聞記事/キュレーションマガジンantenna配信 
http://sekaishinbun.net/2013/11/10/philippines-travel/
電子書籍/出産祝いはパスポート
http://books.rakuten.co.jp/rk/e73bfdbbdd97345195d07e9cf0b28c66/
マナタビPOP編集長ブログ
http://www.ducks-and-drakes.com/pop-blog.html
安達さんインタビュー記事
http://www.ducks-and-drakes.com/pop-blog/20140712/
PR:1週間29800円の人生を変える留学
http://mizu-kiri.com/


関連記事

コメント

非公開コメント