コラボ企画 親子留学無料トークショーはじまります - 出産祝いはパスポート

コラボ企画 親子留学無料トークショーはじまります

先日お話しした通り、出産祝いはパスポート×マナタビ 
コラボ企画で他には無い、親子留学をつくろう!となりました
昨日は8月1日にドゥマゲティにオープンする語学学校 
starting point academyを経営されている松岡さんにお会いしてきました

10556406_813238188710480_1720288504144366794_n.jpg
左:松岡さん(まっちゃん) 真ん中:私 右:POPsan

今さらですが、そもそもなんでこの企画が持ち上がったかの経緯をお話しします
このブログをお読みの方はご存知かもしれませんが
私は元々英語を学ぼうと思ってフィリピンに行った訳ではなく、
旦那の語学学校のついでについていってみたら、
こんなに日本人向きで英語学習に最適な場所があるんだと気付いたという逆パターンの人間です


当時私達夫妻は2歳と4歳であった子供を語学学校に入れると言う手段をとる事も出来ましたが
子供達にとって友達を作るにもいい機会になるし
全教科英語教育のフィリピンでは普通の幼稚園が日本のインターにあたる様な存在。
という理由でそちらを選択しました
フィリピン以外の外国では、比較的短期で現地の学校に入ることは難しいのですが
ここの私立校に関しては 月謝を払いさえすればほとんどの学校に入学する事が出来てしまいます(公立は無料、外国人不可)

実質お隣韓国では年間10万人ほどが留学しておりその半分近くが小学生とも言われています
思われてる程フィリピンが危険であれば多分彼らも来ません。
彼らは現地校に留学しながら、語学学校で足りない部分を補うスタイル。
アメリカやイギリスにいきなり英語がわからず留学しても
20人に対して1人の先生がついたからといって英語はなかなか話せるようになりません。
やはり、最初のとっかかりとしてはマンツーマンで話す事が絶対条件に挙げられると思います
フィリピン語学留学の強みは圧倒的に安くマンツーマンのクラスが受けられること。
イギリスやアメリカ留学への前進としてフィリピン留学が選ばれているのもそういった理由からです
また2012年の統計ではフィリピンへ2万人の日本人が語学留学に行ったそうですが
これはOECD(経済協力開発機構)発表によると日本の留学者数は33カ国中ワースト2位という結果。
ここで気付かれたかもしれませんが、韓国の人口5千万人対して日本人は1億2千万人
それに対して留学した人数は10万人と2万人です。驚く程圧倒的に少ないんですね


とはいえいざ世界へ出ようと言っても今のフィリピンには日本人を受け入れる土壌が全くできていません
対して韓国人はフィリピンで受け入れるサポートシステム言うのが育っています。
それはホームステイ先だったり、現地校の情報だったりする訳なんですがそう言ったものを紹介する場所というのは残念ながら今の日本のエージェントでは行っていないのです
現状ではトラブルを避ける為にも交流と言う面からは遠いのかもしれません


そんな折昔の友人(モンスターキュレーションマガジンTABI-LABO創業者)を介して
『留学とは学ぶ旅である』をモットーにするマナタビ編集長のPOPさんに会いました
ただ勉強するだけじゃなくて交流する旅(留学)をつくりたい 
マナタビはそういう思いからはじめた場所でした
昔っからの友達だったっけ?ってくらい松岡君とも一気に仲良くなりました
全員根底にあったのはのはただ本当にフィリピンが好きで、みんなにも好きになってもらいたい
それだけで初めて会ったとは思えないくらい意気投合しちゃうんですねえ。
そして2人とも超仕事出来る!
2人とも今までもビジネスを手がけているのでほんと頼もしい
あーいえば、じゃそれもやりましょうみたいな。
(願わくば一回位一緒に飲みたかったな、あっちでサンミゲルのみましょう)
という具合に一気に話がまとまりあっというまにプロジェクトは進みました。


ご両親もお子様もすべての方が本当に安心して過ごせ、
フレキシブルで自由度も高い質の高い授業がうけられる
そのうえ日本人駐在の手厚いサポートが受けられて
エージェントを一切通していないので料金は格安のまま…
夢だったプロジェクトは一気に現実のものへと形を変えています
(子供とお母さんたちにとって居心地最高なものなものになるはず♪)

そこで、いきなりですが8月から都内と千葉県某所にて親子留学無料トークショーを計画中
内容は随時ブログで更新しますので是非お話だけでも聞きに来てみて下さいね
あとここでもトークショーして欲しい!なんていう声があれば是非お声かけて下さい
あなたの町に飛んでいきます♪


関連記事

コメント

非公開コメント